親が認知症になると、実家が売れなくなる?「家族信託」のご紹介


親が認知症になると、実家が売れなくなる可能性があるのはご存じですか?


年末年始に家族が一堂に会することもあると思うので、そういった懸念がある方検討してみてはいかがでしょう。


成年後見制度では解決できない問題も、家族信託ならスッキリ解決できるようです。


なぜ、実家が売却できないのでしょうか?


認知症になると、自身で家を売却するのは、かなり難しくなります。 なぜかと言うと、認知症の方が契約書などに押したハンコは、無効とされてしまうからです。


何も対策しないまま親が認知症になったら ・成年後見人をつけることになります ・成年後見人へ、報酬を一生払い続けなければなりません ・他人に、お母さんの通帳を預けなければなりません

・家を売るのに裁判所の許可が必要。だから売れるまで時間がかかります 家族信託のポイント ・親が認知症になる前に「家族信託」契約を締結 ・信託された家族がご自身で実家を売却可能に! ・他人が入り込むことなく家族で解決 今回の記事はお世話になっている司法書士の猪狩先生の動画から内容を、お借りさせて頂きました。

終活のワンストップサービス「心託」も大変好評をいただいております。 生前から逝去まで日本全国対応できます。 会員資格は一生涯! 利用できる無料サービスも多数ご用意! 詳細は特設サイトをご確認下さいませ。

アニメーション動画作成 アニメdePR

18回の閲覧0件のコメント